Flower RecordsTokyo Electric Soul

Cruisic
edge
About Cruisic
ソウルミュージックとラテンやジャズに、エレクトロニックを融合させたダンスミュージックを追求する、トラックメイカー岩田幸也とドラムス、パーカッション柿澤龍介から成るユニット。大学時代のジャズサークルで知り合い、個々の音楽活動を経て2013年冬に結成。2017年より現在の二人編成で活動している。岩田の持つ広範なエレクトリック・ミュージックのバックグラウンドと、柿澤のポップス/ジャズフィールドの経験を直接繋ぎ、ポップでありながらも、リアルタイムかつダイナミックに変容する可能性を持ったダンスミュージックを追究する。

岩田幸也 Yukinari Iwata
Stacks Image 21
2003年にFlatThreeとしてSony Webstar Auditionで勝ち上がり、04年Flower Recordsからリミックス作品のリリースを皮切りに、オリジナルアルバムを2枚リリース。1stアルバム「Sky Is The Limit」の収録曲「Sesso Brillante」が ジャイルス・ピーターソンのプレイリストに加わるなど高い評価を受けている。また、DJとしての活動を東京をベースに10年以上続けており、ハウスミュージック・プロダクションチーム「SPECTA」では4つのシングルをリリース。リミックス、プロデュースワーク、映画音楽、CM音楽など制作クオリティーには定評がある。一方でのバークリー音楽院(米国)で、Ableton Live SpecialistとしてCertificateも取得している。


柿澤龍介 Ryusuke Kakizawa
Stacks Image 36
トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして2001年にメジャーデビューし、実験的ポップスを追及した四枚のフルアルバムをリリース、音楽ファンの好評を得た。バンドの活動休止後はライブサポートやセッションミュージシャンとして活動。数々のレコーディング、ライブに参加しつつ、ジャズライブにも出没している。ドラムのみならず、ラテン、ブラジル、インド関連の打楽器全般を確かな技術で操り、常に新しい音、ビートを模索し続けている。

Discography
Stacks Image 64
2018.09.26. Release.
Cruisic 1st 7inch Single
“Jazz Carnival”
A-Side :
Jazz Carnival
B-Side :
Quartz
Catalog No. FLRS-114

Stacks Image 71