Flower RecordsTokyo Electric Soul

Jazz Carnival / Cruisic

FLRS-114 Jazz Carnival Artwork

Who is Cruisic?
Flat ThreeやSPECTAで活躍しているDJ / トラックメイカーの岩田幸也と、彼の学生時代からの盟友であり、実験的ポップスを追求したバンド、トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして活躍したドラムス / パーカッショニストの柿澤龍介2人によるユニット。

Jazz Carnival
Cruisic初のリリースとなる"Jazz Carnival"はブラジルのジャズ・ファンクトリオAzymuthによるブラジリアン・フュージョンの定番ともいえるナンバーをミディアムテンポにアレンジし、ダンスミュージックとしてサンバとジャズの交点に着地させたカバー。
エレクトロニカとサンバが融合したトラックに、コズミックなキーボードとハードにブロウするサックスをフィーチャー、 1970年代クロスオーバーの熱気と現代ジャズのクールが同居する。
The first release of Cruisic "Jazz Carnival" is a cover that Brazilian jazz and funk trio Azymuth arranged as a staple of Brazilian fusion staple at medium tempo and landed at the intersection of samba and jazz as dance music.
Featuring a cosmic keyboard and a saxophone that blows hard in the track where electronica and samba merge, the heat of the crossover in the 1970s and the coolness of contemporary jazz live together.

Quartz
トラックメイカー岩田幸也によるオリジナル楽曲。気鋭のオルガン/キーボード・プレイヤー市塚裕子(Banana Needle)を全面的にフィーチャーし、チルなエレクトロニカとトラッシーな質感のドラムで作り上げたジャズ・ヒップホップ・トラック。
アコースティックとエレクトロニックの二つのサウンド領域が絡み合い、インタープレイを繰り広げる。
Original track by track maker Yukinari Iwata. Jazz / hip-hop track which featuring an upbeat organ / keyboard player Yuko Ichizuka (Banana Needle) in its entirety, made up of chill electronic and tracey texture drums.
Two sound areas of acoustic and electronic are intertwined, and play an interplay.

BuyBanner

Cruisic Official Web Site
Cruisic Artist Page
Cruisic Main Picture

Title : Jazz Carnival
Artist : Cruisic
Format : 7inch Analog
Track List
A-Side : Jazz Carnival
B-Side : Quartz
Catalog No. FLRS-114
Label : Flower Records
Release Date : 2018.09.26.

BuyBanner