Flower RecordsTokyo Electric Soul

Analog

Jazz Carnival / Cruisic

FLRS-114 Jazz Carnival Jacket

Who is Cruisic?
Flat ThreeやSPECTAで活躍しているDJ / トラックメイカーの岩田幸也と、彼の学生時代からの盟友であり、実験的ポップスを追求したバンド、トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして活躍したドラムス / パーカッショニストの柿澤龍介2人によるユニット。

Jazz Carnival
Cruisic初のリリースとなる"Jazz Carnival"はブラジルのジャズ・ファンクトリオAzymuthによるブラジリアン・フュージョンの定番ともいえるナンバーをミディアムテンポにアレンジし、ダンスミュージックとしてサンバとジャズの交点に着地させたカバー。
エレクトロニカとサンバが融合したトラックに、コズミックなキーボードとハードにブロウするサックスをフィーチャー、 1970年代クロスオーバーの熱気と現代ジャズのクールが同居する。
The first release of Cruisic "Jazz Carnival" is a cover that Brazilian jazz and funk trio Azymuth arranged as a staple of Brazilian fusion staple at medium tempo and landed at the intersection of samba and jazz as dance music.
Featuring a cosmic keyboard and a saxophone that blows hard in the track where electronica and samba merge, the heat of the crossover in the 1970s and the coolness of contemporary jazz live together.

Quartz
トラックメイカー岩田幸也によるオリジナル楽曲。気鋭のオルガン/キーボード・プレイヤー市塚裕子(Banana Needle)を全面的にフィーチャーし、チルなエレクトロニカとトラッシーな質感のドラムで作り上げたジャズ・ヒップホップ・トラック。
アコースティックとエレクトロニックの二つのサウンド領域が絡み合い、インタープレイを繰り広げる。
Original track by track maker Yukinari Iwata. Jazz / hip-hop track which featuring an upbeat organ / keyboard player Yuko Ichizuka (Banana Needle) in its entirety, made up of chill electronic and tracey texture drums.
Two sound areas of acoustic and electronic are intertwined, and play an interplay.

BuyBanner

Cruisic Official Web Site
Cruisic Artist Page
Cruisic Main Picture

Title : Jazz Carnival
Artist : Cruisic
Format : 7inch Analog
Track List
A-Side : Jazz Carnival
B-Side : Quartz
Catalog No. FLRS-114
Label : Flower Records
Release Date : 2018.09.26.

BuyBanner


Coastlines E.P. / Coastlines

FLRS-113 Coastlines Jacket


Who is Coastlines?
DJ / プロデューサーの池田正典 (Masanori Ikeda)と、cro-magnonのキーボーディスト金子巧 (Takumi Kaneko)という、言わずと知れた2人からなるクロスオーバー・チルアウトユニット。
ダンスミュージック界で活躍してきた2人の、別の顔でもある映像音楽用セッションから生まれたCoastlinesの音楽性は、海岸線 (Coastline)などのリラックスした情景を彷彿させるリスニング及びライブラリー・ミュージック的な特性も持ち合わせたチルアウト・トラックである。
ダウンテンポやバレアリック、ジャズ・フュージョン他、様々な音楽性をミックスした池田のプロデュースするレイドバックなトラックの上に、金子の美しくも歌心のあるキーボード・ソロが奔放に舞うトラック群は、全ての人達のアフターアワーズにおいて、特別なサウンド・トラックになるであろう。

楽曲解説
East Dry River
Ralph McDonaldのTKディスコ楽曲、”East Dry River”の印象的なカリビアン・フレーズを元に、ブラジリアン・フュージョンのフレイバーを加え、単なるカバーに収まることなく、大胆な楽曲構成にアレンジ。
哀愁を帯びたフレットレス・ベース音源でのキーボード・ソロが冴え渡る、海辺でのサマー・クラッシックとなり得る一曲。



BuyBanner

Coastline
その名の通りCoastlinesの音楽性を体現した、チルアウトでダウンテンポかつバレアリックな作品。
シンセ、アコースティックギター、ワールドミュージック的リズムを用いた、Coastline(海岸線)を彷彿させるトラックに、ロマンティックなピアノ・ソロが奔放に響き渡るオリジナルトラック。





BuyBanner

<商品情報>
Title : Coastlines E.P.
Artist : Coastlines
Track List
A-Side : East Dry River
B-Side : Coastline
Format : 7inch Analog
Catalog No. FLRS-113
Release Date : 2018.08.29.
Label : Flower Records
Price : 1,500yen (Without Tax)

The Right Way / Slowly

FLRS-112_Artwork

BuyBanner

“Mariwana”の好カバーや、eico “夢先案内人”の2018リミックスなどで、すっかり7インチマーケットではその名を知られる事となったSlowlyが、いよいよオリジナル楽曲をドロップします。
今回は「現代のエディ・ケンドリックス」や「現代のカーティス・メイフィールド」とも称されるラヴァーズ・ロックシンガー、Courtney Johnをフィーチャーした、ソウルフルテイスト溢れるレゲエナンバーです。
ここ数年来タッグを組んでいる盟友、Ryo Kawaharaとともに作り上げたトラックは、レゲエでありながらも、ニュー・ソウルや70年代のシカゴ・ソウルを連想させる、ブラックネス溢れる逸品です。

<推薦コメント>
このグルーヴ、このテンション、この歌い口、そして、ハートビートなBPMのすべてが、
珠玉ソウルフルでロッカーズなダンスミュージックのエレガントな心地よさと躍動感に満ち満ちている。
うっとりゆらゆらと聞き入る。発売おめでとうございます! 
COMPUMA

古いレコ屋で掘り当てた知られざる名盤、、、かと思いました。
SILENT POETS 下田法晴

Slowlyのレゲエ・チューンはなんと、ミスターLucky Man、スリム・スミスの再来と言われるジャマイカン・シンガー、コートニー・ジョンをフィーチャーとは!
クールなルーツトラックに優しい歌声が映える、ソウルフルなクールラヴァーですね。
JA / UK / US / EU / JP、世界中で支持されるであろう楽曲!
みなさん、是非7インチヴァイナルで。
Reggae Disco Rockers 高宮紀徹



BuyBanner



<商品情報>
Title : The Right Way featuring Courtney John / Slowly
Artist : Slowly
Track List
A-Side : The Right Way
B-Side : The Right Way (Instrumental)
Release date : 2018.06.15.
Format : 7inch Analog
Price : 1,500yen (without Tax)
Catalog No. FLRS-112
Label : Flower Records
BuyBanner

夢先案内人 Remixes / eico

FLRS-111夢先案内人

2010年に発売されたシンガー、eicoのミニアルバム「月夜のギター」に収録された、山口百恵の代表曲のひとつとして人気の高い「夢先案内人」のカバーが、この春のRECORD STORE DAYに、いよいよ7インチで登場です。

<解説>
当時アナログ12インチで発表され、即座にソールドアウトとなったReggae Disco Rockers、Slowlyによるリミックスを収録した強力盤!
しかもSlowlyによるテイクは、更なるアップデートを行い、Slowly 2018 Remixとして生まれ変わりました!
DJ / quasimodeなどのプロデューサーとして知られる小松正人によるSlowly、今回はレーベルメイトで、同じくDJ / プロデューサーとして活躍するRyo Kawaharaとタッグを組んで「Slowly 2018 Remix」を完成させました。
浮遊感漂うシンセ・パートに、重く低くうねるシンセ・ベース、そしてタイトなグルーヴのドラム、そして全体的に上品でありながらもマッドに施されたダブ処理が特徴的な、マッシブアタックやON-U Soundにも通じる、これぞSlowlyの真骨頂とも言うべき名リミックス!
対するReggae Disco Rockersによるリミックスは、アレンジの方向性を山口百恵の原曲に寄せつつも、ご機嫌なスカ・テイストに仕上げた、楽しいアッパーチューン!
それぞれアレンジの方向性は違えど、どちらもeicoの持つ歌声の魅力を引き出した、タイムレスな傑作リミックスです。
BuyBanner

<商品情報>
Title : 夢先案内人 Remixes
Artist : eico
Remixer : Slowly, Reggae Disco Rockers
Track List
A-Side : 夢先案内人 Reggae Disco Rockers Remix
B-Side : 夢先案内人 Slowly 2018 Remix
Format : 7inch Analog
Release Date : 21st April 2018
Price : 1,500yen (without Tax)
Catalog No. FLRS-111
Label : Flower Records
BuyBanner





Land of Make Believe cw 天気雨 / Reggae Disco Rockers


もっと読む…

くらげ / Su-Paka-Pooh

kurage

東京を拠点としたDJ活動に加え、アナログレコードレーベル<Nice & Slow>主宰、同レーベルからのリリース等精力的な活動を長きに渡って継続しているChikashi Ishizuka氏によるSu-Paka-Poohが、1999年にリリースした珠玉の名曲”Kurage"。その後も人気が衰えず別バージョンもコンスタントにリリースされてきましたが、現在進行している<Flower Records>音源の再マスタリングリリースラインに、初お披露目となるインストバージョンを収録し7インチにて登場!!海中に漂う、まさにクラゲのようなユルりとしたリズムとシンプルで胸を打つメロディーライン、Asatoの透明感あるボーカルが生み出す世界観は、ふとした瞬間に口をついて出るように深く浸透していきます。緊張、ストレスの多い昨今、空前のクラゲブームのようですが、この曲も是非癒しの1曲としてお聴きください!

Title : くらげ Remastered
Artist : Su-Paka-Pooh
Format : 7inch Analog
Side-A : くらげ (Original Version)
Side-B : くらげ (Unreleased Dub Version)
Catalog No. FLRS-108
Price : 1,350yen (Tax Included)

Flower Records Online Shopで購入

Deep Down / Masanori Ikeda

Deep Down / Masanori Ikeda (12inch Single)
DeepDownH1

About "DEEP DOWN"
"Deep Down" of the title track is a truly orthodox deep house characteristic of a message repeated as You give deep down to a synth phrase that develops while looping simple but impressive phrases. Although it is deployed with a simple composition, it is not an introspective vector, but an attractive dance track that is dragged into the whirlpool of groove! Likewise, "Deep Down (Tool Mix)" is a version that matches the current era feeling that it has shredded the simple flesh to the limit even further! And Coupling's Fantom Finger (Cozmo D Remix) was recorded in the album "The Loud Works" announced in 2014, and the same song that was very popular was recorded from a series of <Sunnyview> under the name of Newcleus Not only the release but also familiar as loft classics Push / Pull name in the name "Bang The Drums" Dream 2 Science, Push / Pull & Sha-Lor etc Electro Hip Hop ~ Underground House Early Period of the 80's using various names Living legend Ben 'Cozmo D' Cenac that produced many masterpieces until now remix!

タイトル・トラックの “Deep Down”は、シンプルでありながらも印象深いフレーズをループしながら展開するシンセ・フレーズに、You give deep down…と繰り返されるメッセージが特徴的な、まさに正統的なディープハウス。シンプルな構成で展開されながらも、内省的なベクトルではなく、グイグイとグルーヴの渦へ引きずり込まれて行くような力強さが魅力的なダンストラック! 同じく “Deep Down (Tool Mix)”は、シンプルな同曲を更に極限まで肉付けを削ぎ落とした、今の時代感に非常にマッチしたバージョン! そしてカップリングのFantom Finger (Cozmo D Remix)は、2014年に発表されたアルバム “The Loud Works”に収録され、非常に人気の高かった同曲を、Newcleus名義での一連のSunnyviewからのリリースは勿論のこと、ロフトクラシックスとしてもお馴染みPush/Pull名 “Bang The Drums”、Dream 2 Science, Push/Pull & Sha-Lor等様々な名義を使い80年代のエレクトロヒップホップ~アンダーグラウンドハウス黎明期までに多くの傑作を生みだしたリビングレジェンドBen 'Cozmo D' Cenacがリミックス!一過性のブームとはもはや言えないアーリー90’sアンダーグランドハウスミュージックが、最も輝いていた時代を牽引し、傑作を生みだしてきた張本人による本作は、●●風といった表層的なものとはかけ離れた真のハウスミュージック。オリジナルのメインフレーズをループさせながら、10分に迫る長丁場を飽きさせることなく制し、フロアをロックしていく様は圧巻。再評価もうなずける彼による必聴の渾身リミックス!


Release Format : 12inch Single, Digital Download (BEATPORT)
Title : Deep Down
Artist : Masanori Ikeda
Remixer(s) : Cozmo D
Catalog Number : FLRS-109
Release Date : 2016 Summer, 30th Oct 2017
Price :
Analog 1,600yen (Without Tax)
Buy Analog :
Click Here (Field Of Mouth's Web Site)
Download :
BEATPORT

Include Tracks (Link to Soundcloud Page)
A-Side
1.
Deep Down (Original Mix)
2.
Deep Down (Tool Mix)
B-Side
Fantom Finger (Cozmo D Remix)

Distribution by Field Of Mouth
Right Now 108x45

Masanori Ikeda's Other Works On Flower Records

The Loud Works (Full Album)
ikeda_h1

The Loud Works Sampler (12inch Single)
FLRS-104


MU EP (12inch Single)
MU-EP-H1Fix

High Clouds 2014 Mixes / Little Big Bee

High Clouds 2014 Mixes

Release On 12inch Single
High Clouds 2014 Mixes / Little Big Bee
Catalog Number : FLRS-107
Format : 12inch Single
Price : 1,600yen (Without Tax)
Label : Flower Records
Distribution : Manhattan Records

Includes "Original FSL Remastered Version" and "A Ron Trent Reproduction"
Distribution : Manhattan Records
試聴する (Soundcloud)

高宮永徹率いるユニット、Little Big Beeによる2005年のヒット・トラック "High Clouds"が、FSL最新マスタリングを施し、更にスピリチュアルでディープネス溢れるサウンドで世界中のクラウドに支持されている "シカゴハウスのレジェンド"、Ron Trentによるリミックスを新たに収録して、数量完全限定、アナログオンリーで今春いよいよリリース!

About Little Big Bee (link)
FLRC-043_LBB_WATERMAN 4
Little Big Bee's Album "WATERMAN" (FLRC-043)

About Ron Trent
Chicago resident Ron Trent became a DJ in his early teens in the mid eighties, releasing his first record ‘Altered States’ in 1990 to much acclaim.
In the early nineties, Trent collaborated with house/R&B team Hula & Fingers, producers for Jive records, before going on to set up Prescription Records together with Chez Damier. Together with its sister label Balance, Presciption is widely regarded as one of the most influential deep house imprints, introducing the likes of Anthony Nicholson, Abacus, Moody Man, Norma Jean Bell, Joshua, Peven Everett, Rob Mello, and Luke Solomon to the world.
Trent moved to NYC in 1997, quickly gaining respect as a DJ/producer with dates at Body and Soul, Shelter and hosting his own events at the legendary night club Vinyl in downtown Manhattan. In 2000, Trent started his residency with Giant Step at Shine, one of the most top rated nights in NYC. He also produced in-house on the Giant Step/Sony label, cutting records with Amel Larrieux, Jody Watley, Anastacia, Donnie, Carl Hancock Rux, Lina to name a few.
Ron Trent DJ compilations include ‘Giant Step Sessions’ [Giant Step], ‘Musical Reflections [R2 BBE], ‘Afro Blues’ [Kings Street], Deep&Sexy 2 [Wave Music] and Abstract Afro Journey [King Street].
RonTrent

Mariwana 2014 / Slowly

Mariwana2014盤面A

Release On 7inch Single
Mariwana 2014 / Slowly
FLRS-106
Format : 7inch Single
Price : 1,000yen (Without Tax)

Includes Original 2014 Mix "FSL" Remastered Version and Silent Dream Dub.
Distribution : Manhattan Records

Slowlyによるレゲエの名曲カバーが帰って来た!
2006年にリリースされ、瞬く間にSold OutとなってしまったSoul Sindicateの名曲カバー "Mariwana"の7インチ。
この度、2014年Re-takeとして甦りました。
本来は、2006年当時にリリースしたオリジナル・ヴァージョンそのものをFSLマスタリングを施してリリースする予定だったのが、Slowly自らによるRe-takeとして、新たに生まれ変わりました。

また、B-Sideには高宮永徹によるチルアウトMix CD "Silent Dream"に収録するために制作された "Silent Dream Dub"が、この度初めてアナログに収録されました。

BUY On Manhattan Records

Slowly Profile

ジャズ/クロスオーバー界の最重要レーベルRAW FUSIONから世界デビューを果たし、デビューアルバムが外資系CDショップのクラブチャートで軒並み1位を獲得、シーンを席巻したJAZZ BAND”quasimode”のプロデュースを手掛けたDJ/PRODUCERの
Masato Komatsuのソロユニットとして活動を開始。
2002年、Flower Recordsより”Accomplice”「遠い道のり」のREMIXでそのキャリアをスタート、コンピレーション・アルバム「F.E.E.L.3」収録の「JAZZ IN YOU」が須永辰緒氏やToshiyuki Goto氏のMIX CDに収録されるなど、国内外のDJによりプレイされ話題となる。
2004年に「JAZZ IN YOU」のプログラミングを手掛けたShinya Abe加入。その後eico「夢先案内人」のREMIXを手掛けた後、2006年11月に待望のデビューアルバム「Universal Thing」をFlower Recordsよりリリースする。先行シングル「Caveman Boogie」はSpiritual South、Kevin Beedle、Nik WestonらのトップDJらが一早くプレイし、すでにヨーロッパでは大きな話題となった。
slowlyA

Slowly's 1st Album "Universal Thing" (FLRC-048)
flrc048H1

NOMAD 2014 / DJ NORI

Nomad / DJ NORI Late April. 2014 releas. もっと読む…

The Loud Works Sampler / Masanori Ikeda

Flower RecordsとJazzy Sportのコラボレーションにて...read more もっと読む…

Follow Me / Trans Of Life Feat. Roland Clark

Follow Me / Trans Of Life feat. Roland Clark もっと読む…