Flower RecordsTokyo Electric Soul

Slowly
Stacks Image 8
DJ/Producerとし活動しているMasato Komatsuのソロユニットとして、2002年に音楽制作のキャリアをスタートし、
以降様々なProduceやRemixを手掛ける。2006年にデビューアルバム「Universal Thing」をFlower Recordsよりリリース。先行シングル「Caveman Boogie」はGilles PetersonらのトップDJらがプレイし、ヨーロッパを中心に世界のクラブシーンで話題をさらう。
2014年、先のアルバム「Universal Thing」に収録された楽曲「Mariwana」にリズムリアレンジを施して7インチ・アナログでリリース。即完売となり話題となる。
更に2018年春には、eicoの「夢先案内人」を2018リミックスとして発表し、好セールスを記録。
そして新たに同レーベルの盟友Ryo Kawaharaとタッグを組み満を持して発表された12年振りの新曲「The Right Way」は、リリース間もなく各主要店舗でソールドアウトを記録、国内外のDJ、クラブ、レコードヘッズたちに熱烈な支持を受けている。
自身のルーツであるレゲエを軸としながら、様々なジャンルを混ぜ合わせた折衷的な
サウンドメイキングには定評がある。

Discography
Stacks Image 28
「現代のエディ・ケンドリックス」や「現代のカーティス・メイフィールド」とも称されるラヴァーズ・ロックシンガー、Courtney Johnをフィーチャーした、ソウルフルテイスト溢れるレゲエナンバーです。
ここ数年来タッグを組んでいる盟友、Ryo Kawaharaとともに作り上げたトラックは、レゲエでありながらも、ニュー・ソウルや70年代のシカゴ・ソウルを連想させる、ブラックネス溢れる逸品!
For More Information



Album
Stacks Image 34

ソウル、ジャズ、ブギー、レゲエ.....様々なグルーヴを独自の解釈で表現する"Slowly"
大きな話題を呼んだデビュー曲『Jazz In You』から2年、Alison Crockett、Quasimode、Delroy Pinnockらをフィーチャーした待望のファースト・アルバム「Universal Thing」遂に完成!



Single
Stacks Image 31
2006年にリリースされ、瞬く間にSold OutとなってしまったSoul Sindicateの名曲カバー "Mariwana”が、2014年Re-takeとして甦りました。
本来は2006年当時にリリースしたオリジナル・ヴァージョンそのものをリマスタリングしてリリースする予定だったのが、Slowly自らによるRe-takeとして、新たに生まれ変わりました。
For More Information


Other Works
Stacks Image 43
Slowly 2018 Remix Included.
Title : 夢先案内人 Remixes
Artist : eico
Catalog No. : FLRS-111
Format : 7inch Analog
For More Information