Flower RecordsTokyo Electric Soul

edge


Stacks Image 26

More Emotionalをレーベルコンセプトとし、Flower Recordsが運営するShibuya CLUB BALLを含む、ナイトクラブやライブハウスなど、東京〜渋谷〜宇田川町界隈を賑わす小箱音楽カルチャーを、リアル・クラブミュージックに昇華した音源を “Flower Records Quality”にて提供してまいります。
オリジナル音源は元より、既存の楽曲のアナログ制作、リミックス及びエディット制作、アーティスト・エージェント業務等を行ってまいります。
BLOOM MUSIC OFFICIAL PAGEはこちら



2022.11.03.Release
Stacks Image 19
BLOOM MUSICからの第2弾シングルは、なかの綾とブレーメンの1stアルバム「いちまいめ」からのシングルカット!ご存知、久保田早紀の代表作にして'79年の大ヒット曲、"異邦人"を、なかの綾が伸びやかに歌い、ブレーメンがパーカッシヴに攻めるキラー・チューン!!

Flower Records傘下の新レーベル、BLOOM MUSICの第2弾リリースが決定しました。アナログ界ではお馴染みの、なかの綾と一流ミュージシャンによるコラボ・ユニット、なかの綾とブレーメン!
8月にCDと配信でリリースされた1stアルバム「いちまいめ」より、久保田早紀の'79年の大ヒット曲、”異邦人”のカバー、そしてオリジナル楽曲、"待ち合わせ"のカップリングです。
なかの綾の伸びやかなボーカルに、軽快なギターとパーカッション、そしてノスタルジーを感じずにはいられないベースとアコーディオンの音色。一聴にて音の景色が眼前に広がります。しかもこの7インチのために新たにミキシングを施し、よりダンサブルに仕上げています。
B-Sideにはオリジナル楽曲”待ち合わせ”をカップリング。オトナだからこそ分かる、大切な人との絶妙な関係性をカントリー風アレンジに乗せて仕上げた、のどかな自然の景色が浮かぶような、そんな心温まる楽曲です。
12月3日の「レコードの日」にリリース決定!カラー・ヴァイナル仕様で登場です。



<なかの綾とブレーメン・プロフィール>
グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」に着想を得て2018年頃から始まった人数無 制限ユニット。
「あなたも今日からブレーメン!」を合言葉に、楽器をもってふらりと立ち寄っ てくれたミュージシャンを文字通り"そのまま"ステージに上げて仲間にしてしまう。
"音色がもう大阪弁!"なアニキのギター、錚々たる大御所の歌手から熱いラブコールを受けるトランペットにパーカッションと"鋼の草鞋を二足"履く西岡ヒ デローを始め、"その日たまたま空いている"一流ミュージシャンが参加し、なかの綾の得意とする歌謡曲、また国内外の楽曲がその場でどんどんアレンジされて行く様は、遠赤外線のように見る者の深部体温をあげる。

<なかの綾プロフィール>
1985年5月7日生まれ。京都府出身。2010年 デビュー・アルバム『ずるいひと』 をリリース。限定リリースした7インチ・シングルは各レコード・ショップの チャート1位を独占し、クラブシーンから絶大なる人気を得る。2013年6月「NHK 歌謡コンサート」に出演。同年7月、ユニバーサル・シグマよりミニ・アルバム 『へたなうそ』でメジャー・デビュー。2014年 2ndアルバム『わるいくせ』をリ リース。ジャケットは大友克洋氏が手掛ける。2016年 3rdアルバム『エメラル ド・イン・パラダイス』をリリース。最近ではプロデューサーにコモエスタ八重 樫、武藤昭平(勝手にしやがれ)、SWING-Oを迎えシングルをリリースする。 2018年6月には企画・監修に渡辺祐を迎え2年ぶりのアルバム『Double Game』を リリース。同年9月から自身初の全国バンドツアーを行い、キネマ倶楽部で行 なったツアーファイナルはSold Outするなど好評を得る。
2019年4月に自身初のDVDを発売する。同年7月にはラテン・バンド”CENTRAL”と タッグを組んだアルバム『リバース』を発売。
同アルバムはミュージックマガジン「ベスト・アルバム2019」Jポップ/歌謡曲 部門で1位に選出された。
2021年1月にリリースされた、なかの綾とCENTRALとしての2枚目のアルバム『La Vida』は世界でも好評を得ている。
2022年8月24日には「なかの綾とブレーメン」名義でアルバム『いちまいめ』を リリースし、全国ツアーを企画している。
現在、FMヨコハマにて毎週水曜日 24:00 からレギュラー番組「今夜もおきばりさん!」のメイン・パーソナリティーを務める。

BLOOM MUSIC ONLINE SHOP
Flower Records Online Store


Stacks Image 29
渋谷・宇田川町の小箱「Shibuya CLUB BALL」周辺から発するリアル・サウンドを提供すべくFlower傘下に設立された新レーベル「BLOOM MUSIC」の第一弾シングル!ご存知SWING-O率いる45trioによるWeldon Irvineの大名曲 "I Love You"をピアノトリオでカヴァー!B-Sideには絶好調DJ KocoによるCLUB MIX!

Flower Records傘下の新レーベル、BLOOM MUSICの第1弾リリースは、メジャー・シーンからアンダーグラウンドまで縦横無尽に活躍するキーボーディスト、SWING-O率いる45trioの新作をピック!もはや何の説明も要らないWeldon Irvineの名作"I Love You"を、SWING-O (Pf)、Sunapanng (Bs)、久保正彦 (Ds)によるトリオ編成でカヴァーしました。ピアノトリオらしいジャジーでソウルフルな演奏に、時折絡むアナログ・シンセがブラック・ミュージックへの深い愛情を感じさせてくれるオリジナル・ヴァージョン。そしてカップリングには世界を股に掛けて大活躍するDJ Koco aka Shimokitaが、ビートを丸ごと差し替え大胆なイントロ・エディットを施したCLUB MIXを収録!SOUL、BOOGIE、HIPHOP、LOW BEAT等々、ジャンルレスに「使える」仕上がりとなりました。初回限定生産、フルジャケット仕様で「レコードの日」にリリース!



<45trio プロフィール>
Soul Pianist、そしてProducerのSWING-Oが率いるピアノトリオ。メンバーはSunapanng (Bs)、久保正彦 (Ds)で構成され2008年に結成。翌年の2009年にはフジロック、及びサマソニに出演。その後も数多くのフェスなどに出演しつつも、ホームグラウンドはクラブ・シーンという佇まいを守っている。オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを柔軟に越境するグループである。

BLOOM MUSIC ONLINE SHOP
Flower Records Online Store