Flower RecordsTokyo Electric Soul

Heaven's Song c/w Interlude (Coastlines Remix) / arvin homa aya

FLRS-135 HeavensSong Jacket(600)





ソロ・デビュー15周年を迎えた2020年、8年振りとなるオリジナル・アルバムをリリースしたarvin homa ayaと、かつてJazztronik諸作品でのフィーチャリングから所縁のあるFlower Recordsがリユニオンしたコラボ・アナログシリーズが、いよいよスタートします。
その第一弾として、A-SideにはBlu-Swing / Last Electroの中村佑介をアレンジャーに迎え、ジャジーかつメロウネス溢れる都会的なR&Bテイストのラヴソング"Heaven's Song"を収録。B-Sideは美しいコーラスワークが印象的な"Interlude"を、昨年には1stアルバムが海外でライセンス・リリースされ、世界中で絶大な評価を獲得したCoastlinesによる、ダビーでアシッドなリミックスを収録。どちらも聴いてよし、揺れてよし!な一枚です。
初回完全限定生産です。


arvin homa aya(アーヴィン・ホマ・アヤ)Profile
カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。
シンガー/ソングライター/作詞訳詞家/英詞曲のvocal&recordingディレクター/Children’s English Educator。
1998年よりスタジオワークを中心にさまざまなメジャーアーティストの作品に携わり、作詞(英詞)訳詞家としてもこれまでにYOSHIKI、久保田利伸、akiko、JILLE等の作品に歌詞を提供。2002年以降Jazztronik、須永辰緒、FreeTEMPO、i-dep、DAISHI DANCE等数多くのクラブミュージック系アーティストの作品にfeat. vocalistとして起用され、シンガーとしての活動の幅も広げる。
2005年には初のソロアルバム「Butterflies」をリリースし、feat. 作品をコンパイルしたベスト・アルバム「My mUSic tRee」を含め、これまでにオリジナル・アルバムを6枚リリース。メジャー第一弾となったアルバム「VOICE」では、itunesダンス・シングル・チャートで1位・2位のダブル・フィニッシュを果たし、アルバム・チャートでも2位となり、個人名義での初のリリース・ツアーを行う。また、ライブ活動のほか「ラスト・シンデレラ」や「手紙」等のドラマ/映画/アニメの挿入歌を担当し、アーティストとしても幅広い作品に携わる。
現在もさまざまな制作、作品やプロジェクトに参加をする傍ら、これまでに培ってきた経験を活かし、2017年からは学童保育施設での英語×音楽プログラムのdirectorとしてカリキュラム作りから、監修/指導を担当。また、日本全国で開催されているジャズと英語を親子で楽しめるコンサート「Kids meet Jazz!」への参加や、親子目線で子供と一緒に楽しめるコラボ・イベント「KotOto-子と音-」の立ち上げなど、英語と音楽を合わせた子供教育にも取り組んでいる。
2020年にはソロデビュー15周年を迎え、同年10月31日に、Blu-Swing/Last Electroの中村祐介をアレンジャーに迎えた8年ぶりのオリジナル・アルバム「Past Present Future」を配信でリリース。配信初日にiTunesのダンス・アルバム・チャートで1位を獲得。合わせて、アルバムのアートワークを担当するデザインチーム、GUTSON TG INC.とのコラボで新たなmusic project「AHA!!!」を立ち上げ、周年イヤーを盛り上げるべく、勢力的な活動を続けている。

<商品情報>
Title : Heaven's Song
Artist : arvin homa aya
Side-A : Heaven's Song
Side-B : Interlude (Coastlines Remix)

Catalog No. : FLRS-135
Format : 7inch Analog (45rpm)
Release Date : 2021.04.21.
Price : 1,500yen (without Tax)
Label : Flower Records,Ltd.
Distribution : Toyo Kasei
JAN CODE : 4562101861356
For More Information : http://www.flower-r.com