Flower RecordsTokyo Electric Soul

Slowly
Stacks Image 8
DJ/Producerとし活動しているMasato Komatsuのソロユニットとして、2002年に音楽制作のキャリアをスタートし、
以降様々なProduceRemixを手掛ける。2006年にデビューアルバム「Universal Thing」をFlower Recordsよりリリース。先行シングル「Caveman Boogie」は国内外のトップDJらがプレイし、ヨーロッパを中心に世界のクラブシーンで話題をさらう。
その後長い活動休止期間を経て新たに同レーベルの盟友Ryo Kawaharaとタッグを組み満を持して発表された12年振りの新曲「The Right Way」は、リリース間もなく各主要店舗でソールドアウトを記録、Gilles PetersonDJ MURO等、国内外のTOP DJに軒並みプレイされ、またフランスのReggae専門情報サイトUnited ReggaeにてThe 60 Best Songs of 2018にて日本から唯一選出された楽曲となった。
続く201811月のにリリースされたC.メイフィールドの不朽の名作「Tripping Out」のカバーはトップ・セールスを記録した。さらに20195月には「Until The Break Of Dawn」、7月には「Ain't Gonna Run No More」、さらに同年11月には永遠のクラシック「I Like It」のカバーを発表。どの作品もアナログ・マーケットで話題を席巻し、即座にソールドアウトを連発した。
2020
11月には「Willow Man feat. SA Martinez」を発表し、こちらも即座にソールドアウトを記録。
Slowly
がリリースした7インチ・アナログは、中古市場で常にWant Listに名を連ね、国内外のアナログ好き達を熱狂させている。
また活動再開後も様々なRemixRe-Edit等を手掛けておりStruggle For Pride feat Yoshie Nakano/Make a Rainbow(Slowly Remix)BBC Radio 6Gilles Petersonの番組にて2020年の年間ベストを選ぶ2020 Winnersにてセレクトされた。
自身のルーツであるレゲエを軸としながら、ソウルやジャズ等、様々なジャンルを混ぜ合わせた折衷的なサウンドメイキングは
常に世界照準を見据えておりそのクオリティは高く評価されている。

Discography
Stacks Image 80
Stacks Image 82
Stacks Image 84
Stacks Image 86
Stacks Image 88
Stacks Image 90
Stacks Image 92
Stacks Image 94
Stacks Image 96
Stacks Image 101
Stacks Image 103
Stacks Image 105

Other Works
Stacks Image 112
Stacks Image 116
Stacks Image 114
Stacks Image 118