Flower Records Online Storeにて商品をお買い上げで、もれなく特製ステッカーをプレゼント中!(無くなり次第終了)

Cruisic

About Cruisic

Cruisicとは、トラックメイカー岩田幸也とドラムス、パーカッション柿澤龍介から成る、ヒューマンドリブン・エレクトロニカ・バンドである。ソウルミュージックとラテンやジャズに、エレクトロニックを融合させたダンスミュージックを追求し、ワールドワイドにリスナーを魅了している。
大学時代ジャズサークルで知り合い、個々の音楽活動を経て2017年より活動スタート。岩田の持つ広範なエレクトリック・ミュージックのバックグラウンドと、柿澤のポップス/ジャズフィールドの経験を直接繋ぎ、生のリズム隊とシンセシーケンスを主体とする唯一無二のサウンドを展開。

2018年9月、ブラジルのジャズ・ファンクトリオAzymuthによるブラジリアン・フュージョンの定番ともいえる “Jazz Carnival”を大胆なアレンジでカバーし、初となるアナログ・シングルをリリース。ミディアムテンポにアレンジし、ダンスミュージックとしてサンバとジャズの交点に着地させカバーしたこの作品は、国内のラジオやDJが取り上げただけではなく、UKのBBEラジオ番組のエンディングで使用されるなど様々な海外の国でも評価を受けた。そしてUKのベテラン・ジャズDJ、Paul Murphyのラヴコールにより彼が主宰するJazz Roomより、後述する”Pacific”のJazz Beat Versionを収録したシングルリリースで世界発売を果たし、JUNOではWeekly Jazz Chart1位を獲得するなど大きな話題となる。また、BBE Musicから”The Jazz Room vol.2 Complied by Paul Murphy”のコンピレーションアルバムにも収録され、ファーストシングルから着実な実績を出していった。

セカンド・リリースは言わずと知れた奇才Todd Terjeによる世界中のダンスフロアで大人気の”Inspector Norse”をカヴアー。World Wide FMでも取り上げられ話題となり、その5年後である2024年には”Slowly Remix, ET Remix”を収録した”Inspector Norse Remixes”もシングルリリースするなど、2作目も大きく展開されることとなる。

3作目は、Acid jazzを避けて通れない世代として影響を受けたUK Soul Singer、Omarの名曲”There’s Nothing Like This”のベースラインを基に、オリジナルメロディを重ねた”Floating”をリリース。Lounge / Chillなこの楽曲は国内外のクラブの現場からも折紙付きであり、UKのDJ/Producerユニット”Da Lata”としても知られるDJ Patric Forgeのプレイリストのオープニング曲としても使われ注目を浴び、World Wide FMでも取り上げられる。またCruisicとして3度目のライブ出演となった韓国Zandari Festaでも、アジアだけでなくヨーロッパのオーディエンスから高く評価された。

そして2022年、808 Stateによる大名作 “Pacific 707“を果敢にカヴァーし、大ヒット。日本国内でリリースされたシングルは、J-Wave Tokyoだけではなく、Tokyo FM”DJ MURO KING OF DIGGIN’”などの1曲目で使われるなど話題となり瞬く間にソールドアウト。World Wide FMではDJ Collen ‘Cosmo’ Murphy, 重鎮Kev Beadleのラジオでも使われ文字通りワールドワイドに拡散されていった。B面に収録された”Pacific 4beat Version”はJazzを主体とするDJには話題持ちきりとなり、前述したPaul Murphyの主宰するJazz RoomよりJazz Carnivalと共に世界発売を果たす。またこの楽曲は「Special Best of 2022 Bandcamp Weekly Shows」にも選ばれ脚光を浴びる作品となった。

Cruisic5作目は初のボーカルものとして、Tania Maria “Come With Me”を男性ボーカルBaku Furukawaをフィーチャーしてカヴアーし独自の世界観を作り上げる。リリース前からPatric Forgeのプレイリストに登場するだけではなく、NTS “The One Glove Breakfast Show”のMaccaはサビまで行って巻き戻して2回目をフル尺でかけるRewindでオンエアーするなど口コミが広がる。「Bandcamp Weekly」でも2作連続で取り上げられ、またも海外ヨーロッパを中心にリスナーの幅を広げていった。
そして2024年の秋、これらのシングルに新曲を加えた、Cruisic初となるアルバムをリリース予定である。

Cruisic is a human-driven electronica band formed by track maker Yukinari Iwata and drummer/percussionist Ryusuke Kakizawa. By blending soul music with latin and jazz elements under the feel of electronica, Cruisic have been pursuing dance music captivating listeners worldwide. First met in a university jazz circle, after years pursuing their musical careers individually, the two began their journey as a band in 2017. Their sound, a unique blend of acoustic drums, synthesizers and sequencers, combines Iwata’s broad electronic music background with Kakizawa’s experience in pop and jazz fields.

In September 2018, Cruisic released their adventurous cover of “Jazz Carnival” a staple of Brazilian fusion music by the Brazilian jazz-funk trio Azymuth. This medium-tempo arrangement, which sits at the crossroads of samba and jazz underpinned by the strong basis of dance music, not only caught the attention of domestic radios and DJs but also garnered international acclaim, played at the ending of a BBE radio program. “Jazz Carnival” would be re-released as a single alongside the jazz version of “Pacific” by Jazz Room, a label led by veteran jazz DJ Paul Murphy. This 2022 re-release achieved significant recognition globally, topping the JUNO Weekly Jazz Chart. “Jazz Carnival” was also featured in BBE Music’s compilation album “The Jazz Room vol.2 Compiled by Paul Murphy,” marking a steady rise from their debut single.

Their second release was a cover of the electro house smash hit “Inspector Norse” by Todd Terje. The track was highlighted on World Wide FM, generating buzz. Five years later of the original release, in 2024,  Cruisic released a 7 inch single “Inspector Norse Remixes” including the new ”ET Remix.”

Their third release was “Floating,” an original song structured over the bassline of “There’s Nothing Like This,” Omar’s 1990 hit song, a lounge/chill track produced under the heavy influence of acid jazz. It has been highly acclaimed on both local and international club scenes and was featured as the opening song in DJ Patrick Forge’s playlist, known for his work with Da Lata, and on World Wide FM. It received high praise from audiences around Asia and Europe, especially during their third live performance at Zandari Festa, Korea.

In 2022, their cover of 808 State’s iconic “Pacific 707” achieved a massive hit, 7 inch records quickly sold out and featured as the first track in notable programs like J-Wave Tokyo and Tokyo FM’s “DJ MURO KING OF DIGGIN’.” The track, alongside its B-side “Pacific 4beat Version,” spread worldwide, being played by prominent DJs like Collen ‘Cosmo’ Murphy and Kev Beadle on World Wide FM. As said the track was re-released with “Jazz Carnival” by Paul Murphy’s Jazz Room and highlighted in the “Special Best of 2022 Bandcamp Weekly Shows.”

Their fifth work was a cover of Tania Maria’s classic “Come With Me” featuring the soothing male voice of Baku Furukawa. It garnered attention before its release on Patrick Forge’s playlist and was notably rewound by Macca on NTS’s “The One Glove Breakfast Show” for a second full play, gaining high acclaim from global listeners. It was also featured on “Bandcamp Weekly,” further expanding their listener base, especially in Europe.

In the fall of 2024, Cruisic is set to release their first album, including these singles and new tracks, to mark a new milestone in their career.



岩田幸也 / Yukinari Iwata

2003年にFlatThreeとしてSony Webstar Auditionで勝ち上がり、04年Flower Recordsからリミックス作品のリリースを皮切りに、オリジナルアルバムを2枚リリース。1stアルバム「Sky Is The Limit」の収録曲「Sesso Brillante」が ジャイルス・ピーターソンのプレイリストに加わるなど高い評価を受けている。また、DJとしての活動を東京をベースに10年以上続けており、ハウスミュージック・プロダクションチーム「SPECTA」では4つのシングルをリリース。リミックス、プロデュースワーク、映画音楽、CM音楽など制作クオリティーには定評がある。一方でのバークリー音楽院(米国)で、Ableton Live SpecialistとしてCertificateも取得している。

柿澤龍介 / Ryusuke Kakizawa

トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして2001年にメジャーデビューし、実験的ポップスを追及した四枚のフルアルバムをリリース、音楽ファンの好評を得た。バンドの活動休止後はライブサポートやセッションミュージシャンとして活動。数々のレコーディング、ライブに参加しつつ、ジャズライブにも出没している。ドラムのみならず、ラテン、ブラジル、インド関連の打楽器全般を確かな技術で操り、常に新しい音、ビートを模索し続けている。